稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

トレンドキーワード「猫 ゆるキャラ」について注目してみた!

世界の女王女子プロゴルファー

トレンドキーワード「猫 ゆるキャラ」について注目してみた!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ゆるキャラ全集 日本中で活躍する色々なをモデルにしたゆるキャラ達を集めました。

マスコットキャラクターのことである

ゆるキャラは、「ゆるいマスコットキャラクター」[注 1]を略したもので、イベント、各種キャンペーン、地域おこし、名産品の紹介などのような地域全般の情報PR、企業・団体のコーポレートアイデンティティなどに使用するマスコットキャラクターのことである(特に地域のPRを目的としたものはご当地キャラとも)。そういったかわいらしいイラスト全般を指す場合もある。
狭義では、対象が国や地方公共団体、その他の公共機関等のマスコットキャラクターで着ぐるみ化されているものに限られるが(後述の「ゆるキャラ三か条」も参照)、広義では大企業のプロモーションキャラクター等も含まれる。

歴史[編集]
1980年代の地方博覧会ブームで作られたマスコットキャラクターがゆるキャラの原点といわれる。
2000年 『第15回国民文化祭・ひろしま2000』のメインキャラクターとなったブンカッキーを見てみうらじゅんが「ゆるキャラ」という概念を思いつく[1][4][5][8][注 2]。
2000年6月、『ハイパーホビー』Vol.22(2000年7月1日号)にて、みうらのコラム「ユルキャラ民俗学」の連載開始[注 3]。
2002年11月23日、後楽園ゆうえんちスカイシアターで、みうらのプロデュースにより『第1回みうらじゅんのゆるキャラショー』が開催され、2003年に『みうらじゅんの伝説のゆるキャラショー』のタイトルでDVD化される[6]。
2003年1月、『SPA!』にて、みうらのコラム「ゆるキャラだョ!全員集合」の連載開始[3]。当時は取材を拒否されることが多かったという。みうらはこの当時、「ゆるい」という言葉がマイナスの印象だったからではないかと推測している[6]。
2007年頃から、『国宝・彦根城築城400年祭』のイメージキャラクター・ひこにゃんが火付け役とされる「ゆるキャラブーム」が起こる[3][6]。
2007年からは鳥取市の鳥取砂丘で、ゆるキャラ達の運動会『ゆるキャラカップ』が年に1回開催されている[9]。
2008年10月25日 - 26日には、彦根市で、『ゆるキャラまつり』が開催された[10]。『ゆるキャラまつり』は2009年10月23日 - 25日に第2回が開催されており、主催者側では今後も定期開催化して「ゆるキャラの"甲子園"を目指す」方針を明らかにしている[11]。
2008年、「ゆるキャラ」という言葉が「新語・流行語大賞」の候補となる60語にノミネートされた[12]ものの、トップテン入りを逃した。
2010年からは『ゆるキャラグランプリ』が開催されている。また、埼玉県羽生市では同年から『ゆるキャラさみっとin羽生』(2014年より『世界キャラクターさみっとin羽生』に改称)が開催されている。2012年開催の第3回さみっとでは、265キャラが集結した。
2013年1月27日、全国各地のご当地キャラクターがハウステンボスに集まり、100体以上のキャラクターが5分間以上ダンスするギネス世界記録に挑戦し、「世界最大のマスコットダンス」として認定された[13][14]。
2013年11月23日での『ゆるキャラさみっとin羽生』では、午前までに376体が一堂に集まり、「マスコットの最多集合」としてギネス世界記録に認定された[15][16]。
2013年12月2日、『2013年・新語・流行語大賞』において、「ご当地キャラ」がトップテン入りを果たした。受賞者は熊本県のキャラクターくまモンである[17]。歴史[編集]
1980年代の地方博覧会ブームで作られたマスコットキャラクターがゆるキャラの原点といわれる。
2000年 『第15回国民文化祭・ひろしま2000』のメインキャラクターとなったブンカッキーを見てみうらじゅんが「ゆるキャラ」という概念を思いつく[1][4][5][8][注 2]。
2000年6月、『ハイパーホビー』Vol.22(2000年7月1日号)にて、みうらのコラム「ユルキャラ民俗学」の連載開始[注 3]。
2002年11月23日、後楽園ゆうえんちスカイシアターで、みうらのプロデュースにより『第1回みうらじゅんのゆるキャラショー』が開催され、2003年に『みうらじゅんの伝説のゆるキャラショー』のタイトルでDVD化される[6]。
2003年1月、『SPA!』にて、みうらのコラム「ゆるキャラだョ!全員集合」の連載開始[3]。当時は取材を拒否されることが多かったという。みうらはこの当時、「ゆるい」という言葉がマイナスの印象だったからではないかと推測している[6]。
2007年頃から、『国宝・彦根城築城400年祭』のイメージキャラクター・ひこにゃんが火付け役とされる「ゆるキャラブーム」が起こる[3][6]。
2007年からは鳥取市の鳥取砂丘で、ゆるキャラ達の運動会『ゆるキャラカップ』が年に1回開催されている[9]。
2008年10月25日 - 26日には、彦根市で、『ゆるキャラまつり』が開催された[10]。『ゆるキャラまつり』は2009年10月23日 - 25日に第2回が開催されており、主催者側では今後も定期開催化して「ゆるキャラの"甲子園"を目指す」方針を明らかにしている[11]。
2008年、「ゆるキャラ」という言葉が「新語・流行語大賞」の候補となる60語にノミネートされた[12]ものの、トップテン入りを逃した。
2010年からは『ゆるキャラグランプリ』が開催されている。また、埼玉県羽生市では同年から『ゆるキャラさみっとin羽生』(2014年より『世界キャラクターさみっとin羽生』に改称)が開催されている。2012年開催の第3回さみっとでは、265キャラが集結した。
2013年1月27日、全国各地のご当地キャラクターがハウステンボスに集まり、100体以上のキャラクターが5分間以上ダンスするギネス世界記録に挑戦し、「世界最大のマスコットダンス」として認定された[13][14]。
2013年11月23日での『ゆるキャラさみっとin羽生』では、午前までに376体が一堂に集まり、「マスコットの最多集合」としてギネス世界記録に認定された[15]
2013年12月2日、『2013年・新語・流行語大賞』において、「ご当地キャラ」がトップテン入りを果たした。受賞者は熊本県のキャラクターくまモンである。

ゆるキャラ三か条[編集]
「ゆるキャラ」の提唱者であるみうらじゅんは、あるキャラクターが「ゆるキャラ」として認められるための条件として、以下の三条件を挙げている[2][18]。
郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせていること。


出典 http://www.google.co.jp

雲林寺に猫のゆるキャラ

キャラベンガル猫メイリちゃんとベンガル猫女子

にゃんごスター

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう