憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

急上昇キーワード「北朝鮮核兵器 威力」をまとめてみた結果!

世界の女王女子プロゴルファー

急上昇キーワード「北朝鮮核兵器 威力」をまとめてみた結果!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

核ミサイルが日本に落ちた時の威力と被害範囲は?迎撃時の放射能の影響も

北からミサイル飛んできたって?

今日、政府が弾道ミサイルの発射を想定した住民の避難訓練の早急な実施を都道府県担当者に指示したようです。

今、北朝鮮の核実験実施と日本へのミサイルの発射の危機が迫ってきていると言われています。

今回は、北朝鮮の核ミサイルが2017年に日本に落ちた時の威力と被害範囲、そして北朝鮮の核ミサイル迎撃時の放射能の被害や影響を中心に見ていきましょう!

北朝鮮の弾道ミサイルに搭載可能な核弾頭は最大で50キロトンと言われています。

広島型の原爆が約18キロトン、長崎型では約20キロトンと言われていることから、北朝鮮(金正恩)の核弾頭の危険性が理解できます。

それではこの50キロトン級の核兵器の威力はどのくらいなのでしょうか?

広島型の原爆の破壊状況を参考に見ていきましょう。


・爆風による被害範囲は約1.5kmで広島型の場合約3km範囲内の家屋は全壊

・爆心地の最高地表温度は約8,000度にまでなり、半径約10kmが消失

・放射能の影響については広島型の場合は半径2km以内では致命的な被害


核爆弾が落ちたあと、黒い雨に当たったり、灰に触れても被曝してしまうそうです。

それでは、北朝鮮の核ミサイルが落ちた場合の被害範囲はどれくらいの範囲にまで及ぶのでしょうか?

仮に北朝鮮の核ミサイルが東京駅に落ちた場合を想定してみましょう。 

・新宿や渋谷、スカイツリーまでの半径6km範囲内では家屋が損壊が著しく生存率は極めて低い

・羽田空港や川口駅、浦安駅までの爆心地から半径14km範囲内でも木造家屋の破損が著しい

・町田や磯子などの34km範囲内でも爆発の衝撃波でガラスが割れ、熱線による人体の火傷の可能性がある
と言われています。

こちらの被害推定については仮説ですので、あくまで仮定条件に対する被害規模の目安になります。

かりに北朝鮮が発表している核兵器情報が正しいとしたら、北朝鮮のミサイルが日本に落下した場合は想像を絶する被害がでるといわれています。

しかし、北朝鮮が日本にミサイルを発射したとしても、自衛隊などの迎撃システムでミサイルは空中で迎撃されると推定されます。

かりに北朝鮮(金正恩)が核ミサイルを発射したとしても、米軍・自衛隊による迎撃システムが日本を防護しているので落下する前に空中でミサイルを迎撃・爆破することが予想されます。

それでは、空中で核ミサイルを迎撃した場合の影響はあるのでしょうか?

自衛隊のミサイル迎撃兵器は海上の艦船から迎撃する「SM3」と陸上からの「パトリオット」(PAC3)で陸海での2段階迎撃システムを構築しています。

しかし、
陸上自衛隊の「パトリオット」は首都圏基地などに配備されていて10km以上の高度でミサイルを迎撃、爆破することから、ミサイルの破片が数十キロの範囲で飛び散る恐れがあると言われています。

これは核弾頭やサリン弾などのNBC弾ではない通常弾頭であってもミサイルの破片の飛散によって大きな被害が出ることを意味しています。

サリン弾などの化学兵器がミサイルに搭載されていた場合は、ミサイルを迎撃した時に空中で化学物質が飛散して被害が出る恐れもあります。

核弾頭の場合は、普通であれば何重にも起爆装置が設定されているので迎撃時の衝撃では起爆しないと言われていますが、北朝鮮が開発した核ミサイルなので非常に心配です。

もし万が一、北朝鮮からミサイルが発射された場合はミサイルが迎撃されたとしても、頑丈な建物の屋内やできれば地下に避難して、落下物や飛散物からの防護を第一に考える必要があるでしょう。

さらに自宅に核シェルターがある場合にはこれに勝るものはありません。酸素カプセルとしても使用可能だそうですよ・・

出典 http://www.google.co.jp

北朝鮮核攻撃シミュレーション

北朝鮮空爆のXデイはいつ?4月27日開戦の理由と戦争の可能性を検証!

今、リアル・ネット問わず”北朝鮮の空爆”や”アメリカと北朝鮮との戦争はいつ始まるのか”といった様々なウワサが国境関係なく満ちあふれています

今回は、米軍の北朝鮮空爆のXデイはいつなのか、そして4月27日開戦の理由と戦争の可能性について見ていきましょう!

日本の個人ブロガーの記事で米軍が「北朝鮮を空爆するXデイが2017年4月27日の可能性が高い」というコメントが話題になっています。

このブログ記事の内容をめぐって韓国のケーブルテレビ局のJTBCが「フェイク・ニュース」だと発表して一騒動あったようです。

このJTBCというテレビ局ですが、韓国で朴槿恵前大統領の騒動の最初のスクープをすっぱ抜いたことで有名な媒体のようです。

韓国マスコミだけでなく韓国外務省も「数多くのウワサが流れているが根拠のないものだ」と「4月27日空爆説」を必死で否定している異常な事態となっています。

それでは米軍の北朝鮮空爆作戦のXデイはいったいいつなのでしょうか?

現在の北朝鮮の流動的状況ではなんともいえませんが、米軍は北朝鮮が核実験を実施した時点で何らかの軍事的な措置をとることは間違いないといえるでしょう。

出典 http://

北朝鮮核実験の恐怖

全面戦争で北朝鮮が米国と日本に惨敗する確率は?北朝鮮崩壊は2017年のいつ?

今回の北朝鮮危機を発火点として、世界大戦が起こる可能性が噂されています。

今、日本も第二次世界大戦後最大の危機を迎えているということができます。

今回は、全面戦争(第三次世界大戦)になって北朝鮮が米国・日本・韓国に惨敗する確率とその結果北朝鮮が崩壊するのは2017年のいつかについて見ていきましょう!

今、米国が北朝鮮に対して空爆などの軍事攻撃を加えた場合、ピンポイント攻撃で済むはずはなく、北朝鮮は一斉攻撃して米・日・韓との全面戦争に突入すると言われています。

過去記事でも指摘しているとおり、米国が一発でも北朝鮮に銃弾を撃ち込むと、北朝鮮は過剰反応して、”窮鼠猫をかむ”の故事のとおりありったけの力で反撃してくることが予想されます。

具体的には、日本に対する核、サリンなどの弾頭を搭載したミサイルの日本の複数箇所への無差別発射、そしてソウルに向けた侵攻が考えられます。

そうなると、

当然米国、日本の自衛隊も指をくわえて見ているわけはなく、北朝鮮からのミサイルの迎撃、北朝鮮への空爆、地上軍の展開、金正恩の除去作戦など複数の軍事作戦を同時進行して事態の早期解決を図るでしょう。

結果的には、北朝鮮が米国に惨敗して崩壊する可能性はほぼ100%に近いと言われていますが、問題は事態がどれくらいの期間で片付くのかということです。

北朝鮮は軍事行動開始段階では一時的にソウルを占拠するような可能性もあり、朝鮮半島は焦土と化し韓国も含めて現在の国体を維持することができなくなるおそれがあります。

たとえ米軍が早期に金正恩を除去したとしても、朝鮮半島を舞台に泥沼のゲリラ戦が続く可能性も否定できません。



このような状況を踏まえて、中国やロシアは虎視眈眈と北朝鮮国境付近に部隊を集結させていて、事態への介入のチャンスをうかがっています。

日本についても何らかのミサイルを国土に打ち込まれて被害が出た場合には、自衛戦争と称して北朝鮮と交戦状態に入り、同盟国のアメリカとともに北朝鮮での軍事作戦に参戦する可能性は十分にあるといえるでしょう。


来週には米海軍のカールビンソンを主力とする空母第一打撃群が北朝鮮に展開する予定で、4月末から5月上旬にかけて朝鮮半島の緊張感はピークに達しつつあります。

この期間に米国、北朝鮮どちらかが先制攻撃または北朝鮮が核実験を強行することによって、一瞬にして、北朝鮮と日、米、韓の全面戦争に突入することは避けられなくなるおそれがあります。

中国とロシアがどのような形でこの戦争に絡んでくるのかは事態の進展によって違ってきますが、戦争が長引けば中国とロシアは直接介入してくるでしょう。

そして中東の情勢も不安定ですので、中東諸国や国際テロ・グループなどがアメリカに対抗する措置をとることも考えられます。

これが今回の朝鮮危機が第三次世界大戦に拡大されるのではないかといわれる理由です。

なので、北朝鮮の崩壊事態は半年や一年以内などの期間で終わるとしても、北朝鮮が発火点となり、引き続き第三次世界大戦に移行する可能性は十分にあると言われています。

出典 http://

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ